仮想通貨をギャンブル?なぜ上がる?今後の将来性&おすすめ口座!

株・投資・銘柄分析

仮想通貨はギャンブルなのか?今回は仮想通貨の上がる理由・おすすめ口座を紹介!

この記事を読むと何がわかる?
・仮想通貨の今後の将来性とデメリット
・仮想通貨が上がるビッグイベント
・仮想通貨で年利5%の配当金を得る方法・不労所得化
・仮想通貨のおすすめの取引所・口座は?
初心者におすすめの口座
スポンサーリンク

仮想通貨投資はやるべき?初心者が知っておくべき上がる理由

仮想通貨はやるべき?ぽんちよのポートフォリオ

仮想通貨投資はやるべき?やめたほうがいい?

投資Youtuberをやっていると仮想通貨の質問を必ず受けます。特に伝統的な株・債券と異なり、仮想通貨は値動きが激しく、その本質的な価値もいまだ未知数です。

ぽんちよのポートフォリオ【2021年8月】

投資Youtuberとして資産の多くを日本株・米国株などの株式に投資している私ですが、

実は仮想通貨にも62万円ほど投資をしています。

 

このため今回の記事は実際の仮想通貨投資家としての意見として、仮想通貨の上がる理由やおすすめの投資スタイルについて紹介していきます

仮想通貨は主にBitcoinに投資をしています

 

仮想通貨はギャンブル?ボラティリティが非常に大きい相場

直近半年間でもBTCは50%ほどの上下【引用:DMM Bitcoin】

仮想通貨の価格変動は株式に比べ非常に大きく、この観点から投機(ギャンブル)的に「何も考えず投資をしたら資産が二倍に増えた!」ということが現実的にあり得ます。

運が良くて儲かる人もいっぱい!

最近では価格推移がだいぶマイルドになってきましたが、それでも数日で30%上昇するようなこともあり、Tiwitterの著名人のツイートで仮想通貨の値動きがトレンドになる場合もあります!

 

仮想通貨の今後の将来性は?欠点・デメリット

ではなぜここまで、仮想通貨が注目され始めているのでしょうか?

この理由は「将来の決済通貨になる」という期待感にあります。まだ日本ではビットコインはあくまで投資対象の一つにすぎませんが、自国の通貨に信用力がないアフリカなどでは、実際に世界共通の価値として使える仮想通貨で決済が行われ始めています。

 

ぽんちよ
ぽんちよ

日本よりも発展途上国の方が、進展している!

また、米国電気自動車メーカー「テスラ」では、車購入の仮想通貨による決済を発表しました。このような背景から各国の通貨を代替し、為替手数料などの両替コストが生じない「世界共通の通貨」としての将来が少しずつ見えてきた期待感、またその波に乗ろうと多額の投資・投機マネーが流入していることから、仮想通貨の価値は急上昇しています。

 

仮想通貨のデメリットは?環境への影響&価値の脆弱性

このように背景から仮想通貨への評価は急上昇していますが、一方で「環境問題」「価値の脆弱性」という意味で大きなデメリットも生じます。

 

まず環境問題についてですが、仮想通貨の電子上取引はブロックチェーン技術により成立し、また信頼性を担保しています。

 

ただし、このような電子情報を取りまとめるには膨大なデータ処理を要し、高性能PCを稼働し、またこの稼働のためには多くの電力を消費します。

このような膨大なデータ処理はコストがかかる分、データ処理をした人には、その対価として通貨が付与される!

 

この電力問題は、今後仮想通貨による決済が進んでいくことにより、環境への大きなダメージを与えるのではないかと懸念され、近年のSDGs・持続可能な社会を目指すというポリシーに反するのではないかと警戒されています

 

また、現在の仮想通貨の価格は、非常に不安定な部分があり、Twitter上で世界的な著名人が仮想通貨に関するツイートをするだけで、価格が跳ね上がったり、暴落するなどの価値としての脆さがあります。

 

仮想通貨はなぜ上がるのか?仕組みを知ればギャンブル脱却

仮想通貨の有限性に価値が見出されている

さきほど仮想通貨が将来期待できる理由として、「世界共通の決済手段に!」などの将来性について解説しました。しかし仮想通貨が上がる理由は、ほかにも「仮想通貨の仕組み」に起因する部分もあります

 

例えばビットコインの場合は、最終的に発行されるビットコインの上限数が決まっており、また、「半減期」という仕組み上、年数がたつにつれ市場に新たに発行されるコイン数が減っていきます。

 

通常の「日本円」「米国ドル」などは毎年政府の政策により、発行されていきその上限というものが存在しないため、政府が通貨を発行するたびに、自分の保有している通貨価値というのは目減りしていきます

紙幣が印刷されるほど、自分の貯金の価値はさがってしまう

しかし、仮想通貨の場合は上限数が決まっているため、このようなことは起こりえません。

 

また、このような側面から仮想通貨は、世界中で採掘できる量が決まってしまっている「金(Gold)」と同じ特徴を持つと考えられており、将来的には金と同様に、長期間にわたり普遍的な価値を持ち続けるデジタル資産になるのではないか?という見方もあります

 

仮想通貨は上がる理由は将来性・仕組みだけじゃない

仮想通貨が上がりそうってことはわかったけど、結局はチャートをみてトレードしていくだけでしょ?

実は仮想通貨にはテクニカル分析だけじゃなくファンダメンタル分析も重要ですよ

仮想通貨は将来性・仕組みにより、価格が上昇するということは解説しました。ただし多くの仮想通貨を始める多くの初心者はただただチャートを見て、何となくで売買している人がほとんどでしょう。

 

しかし、実は仮想通貨にも、株式投資においての「ファンダメンタル分析」の部分も存在します。

 

例えば、仮想通貨には『エアドロップ』というイベントの存在です
このイベントは、特定の日付に特定の通過を持つひとに、新たに新規通貨・トークンを付与するという仕組みで、株式投資の場合の配当金の権利確定に近いイベントです。

リップルがエアドロップの権利確定に向け急上昇【引用:DMMビットコイン】

 

例えば、現在仮想通貨の時価総額7位のリップル(XRP)は2020年12月12日に、リップル保有者に新たな通貨『スパークトークン』を1リップル=1スパークトークンで付与するイベントがありました。

 

今回のエアドロップでは12月12日にリップルを持っていさえすれば、同数の新規通貨がもらえるということで、その日に向けてリップル価格が急上昇していきました

 

当然、このような急激な主要コインの上昇はTwitterでも話題のワードとしてトレンド入りしていましたが、Twitter上ではこのイベントには言及されず、『上昇がすごい!』などのコメントに溢れていました

 

また一方、12月以降、新規通貨発行の旨味がなくなり、大きな下落局面に陥りましたが、新規通貨発行の期待によって急上昇したのが要因なので、

その権利が終わったので当然ともいえる動きです。しかし、何も知らず『リップルが流行っている』と飛び乗った投機家(ギャンブラー)にとっては痛手となったことでしょう

 

このように仮想通貨の激しい値動きの裏側には『エアドロップ』のような大きな仮想通貨イベントがあることも知った上で投資を行うようにしましょう。

 

 

エアドロップにより急上昇したネム【引用:DMMビットコイン】

また、エアドロップについては今年3月の仮想通貨ネムでも行われ、リップル同様に価格が跳ねあがりました。ぜひ仮想通貨投資を行う際には『エアドロップ』には注目していきましょう

エアドロップなどのイベント情報を知っておくことで仮想通貨をギャンブルじゃなく、投資にしよう

 

仮想通貨で不労所得?年利5%で配当金をもらう方法

仮想通貨は売り買いしなきゃいけないからな…

ちょっとまって!仮想通貨にも配当金が!

「仮想通貨はトレードで稼ぐもの」という風に考えている方、実は仮想通貨には株式投資でいう『配当金』みたいな仕組みがあります!それが「貸仮想通貨」「レンディング」などのサービスで、その年間利回りは最大5%ほどと、とても高利回りなんです!

貸し出すことで最大5%の利子が付く!!

このような仕組みを使えば、仮想通貨はただトレードするものという定義から、不労所得を生み出すものに変えることができます!

 

現在、貸仮想通貨のようなサービスを行っている会社は『Coincheck』『GMOコイン』『Bitpoint』などに限られますが、是非ともこのような口座を使い不労所得をつくりましょう!

 

仮想通貨をするならおすすめの口座・取引所は?

仮想通貨の口座はどこで作る?取引所選びのポイント

仮想通貨を始めてみたいけど、どこ口座を作ればいいの?

仮想通貨の儲かる仕組みを理解すると最適な口座が見えてくる!
ぽんちよのおすすめ口座も紹介します!

いままで、仮想通貨の将来性・仕組み・貸し仮想通貨サービスなどについて紹介してきました!
ここで仮想通貨の仕組み・儲け方から口座選びのポイントをまとめてみましょう!

 

仮想通貨投資における口座選びのポイント
①取り扱い通貨が多く、エアドロップに参加しやすい
②貸仮想通貨で不労所得化できる

口座選びのポイント①「エアドロップに参加しやすい」

自分の口座ではエアドロップに対応してるコインがなかった…

先ほど話したように、エアドロップ(新規通貨付与)は仮想通貨価格が上昇しやすいビッグイベントです!

 

しかし、そのようなビッグイベントも自分が持っている口座で、その通貨の取引ができなければ、チャンスを逃してしまうことになりっます。このため、仮想通貨の取引種類の多い取引所・口座が必要です!

 

口座選びのポイント②「貸仮想通貨で不労所得化!」

仮想通貨を不労所得できる貸仮想通貨サービスは、導入している取引所が少ないです。
ぜひ貸仮想通貨サービスがある取引所で口座を作るべきです!

 

結論!初心者におすすめの仮想通貨取引所・口座は?

結局、どの取引所・口座がおすすめなの?

口座選びの2ポイントを意識して口座を選ぶなら…!

おすすめ①「Coincheck(コインチェック)」

おすすめ①Coincheck!取引通貨数・国内1位&貸仮想通貨に対応

Coincheckは、取扱通貨種類が国内1位の17種類!このため、エアドロップに参加しやすいです!

また貸仮想通貨にも対応しており、口座選びのポイントをすべて網羅し、利益の出しやすい口座といえます

無料でCoincheckを口座開設

 

おすすめ②「BitFlyer」

おすすめ②「Biflyer」・通貨種類が国内2位!取引量では第1位

BitFlyerは取扱通貨が2番目に多い13種類!このため、Coincheckの次にエアドロップに参加しやすい口座となります!また、国内でのビットコインとの取引量も第一位の信頼感!

ただし、現状では貸仮想通貨サービスには対応していないのが、惜しいところです

無料で「BitFlyer」を口座開設

 

ハッキングリスクに備えるなら口座を分散する手も!

仮想通貨はあくまで電子上のデータにすぎず、ハッキングにより過去に数多くの取引所で資産が盗まれることが発生しています!このためもしこのようなリスクを警戒する場合には、一つの口座に集中せず、複数の口座に分散しておくというの一つの手です

仮想通貨口座申込は簡単だから、口座もすぐに複数持てるよ!

初心者におすすめ口座①「Coincheck」

無料でCoincheckを口座開設

 

おすすめ②「Biflyer」・通貨種類が国内2位!取引量では第1位

無料で「BitFlyer」を口座開設

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました